峠の茶屋 ヨネジーの覚書

峠の茶屋でのゆっくり一服どころか、茶漬けを掻き込んで次の目的地に向かう飛脚さながらの人生。90パーセントがカスかもしれないけど(娘に言わせりゃ100%カス)息が続く限り書き続けていきます。

「2017XファクターUK」期待のひとり

ゴット・タレントといっしょに毎年チエックしているXファクター。まだ4人の審査委員の前で歌って彼らのボートで決める最初の段階だが、今年の応募者は例年より期待できそうだ。その中でもこの女性Shanaya Atkinson-Jones(19)は歌がうまいだけではない、魂の深いところから出ているようなディープな声質を持っている点で、他に抜きん出ていると思う。小さいときに養子に出されたという辛い過去が背景にあるのかもしれない。唯一のライバルは切実な感情を織り込んだオリジナル曲を持って臨んだ女性Grace Davies(20)かなあと思っている。それにしても近年はみんな若い。

www.youtube.com

www.youtube.com

 さて後日談。残念ながらShanaya は6チェアーを奪い合うステップで

あえなく消えた。音程はくずれるは、エモーションも空回りして、ひどい出来であった。残りたいとの欲が、彼女の唯一の持ち味であった魂から出ているような歌声の魅力をまったく消し去っていた。

一方のグレースは、オリジナル曲を次々披露してライブショーの3回まで勝ち残っている。次は彼女に期待するか。